バンバンカー® hRM バンバンカー® hRM バンバンカー® hRM

バンバンカー® hRM

(Bambanker® hRM)

GCリンフォテック

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 EC価格
CS-07-001 バンバンカーhRM 再生医療研究用
キャンペーン中! 期間:2022年03月31日 まで
20 mL 在庫あり
CS-11-001 バンバンカーhRM 再生医療研究用
キャンペーン中! 期間:2022年03月31日 まで
120 mL 在庫あり

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

 

お知らせ

<2019年3月>

パッケージに仕様変更がございます。詳細はこちらの案内文をご確認ください。

 

ヒト由来細胞(ヒトT細胞など)を懸濁後、すぐに-80℃ディープフリーザーで保存できる血清を含まない保存液

特長

  • ヒト由来細胞・ヒトES/iPS細胞や再生医療研究に最適(ヒト以外の動物由来物を含みません)
  • 保存液の調整が不要、希釈せずにそのまま使用可能
  • プログラムフリーザーが不要
  • 凍結細胞は、ディープフリーザー(-80℃)で急速且つ長期間凍結保存が可能
  • 12時間程度 -80℃で凍結した後に、液体窒素保存することも可能です。
  • 血清を含んでおりません(DMSO含有)
  • 日本国内においてはGMPは研究用試薬の製造には適用されませんが
    GCリンフォテック社ではGMP準拠に相当する製造を行っています。

生物学的安全性評価を実施

国際規格ISO 10993-1に準拠し、接触部位および接触期間に応じた生物学的安全性を評価するため、細胞毒性、感作性および刺激性に関する試験を実施しました。
詳しい内容についてはこちらからご確認いただけます。

 

使用例

  • ヒトiPS細胞
  • ヒトiPS由来神経細胞
  • ヒトiPS由来肝臓細胞
  • ヒトiPS由来心臓細胞
  • ヒトiPS由来腎臓細胞
  • ヒト由来樹立細胞株
  • ヒト由来プライマリー細胞
  • ヒトT-Cell
  • 霊長類ES細胞
  • グリオーマ由来がん幹細胞

注意

  • 人体に使用できません。 
  • 治療を目的とした細胞の保存には使用できません。 
  • 研究用以外の目的で使用しないで下さい。 (医療用としての許可を取得しておりません)
  • ご使用前には目的の細胞で確認試験をおこなってください
    *本製品の使用に起因する事故や損害についての責任は負いかねます。
    *ご使用に際し不明な点などがございましたらお問い合わせ下さい。

 

関連製品

お知らせ

バンバンカー® hRMは平成27年7月23日に原薬等登録原簿(マスターファイル)に登録されました。

原薬等登録原簿(マスターファイル)は>>こちら ※外部サイトに移動します

仕様

  • 貯法:冷蔵(2~10℃) 
  • 使用期間:製造後2年

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

UP!Onlineサイトの新着情報がタイムリーに届く、無料のWEB会員サービスはご存知ですか? 会員様限定キャンペーンもどんどん増えてます。登録はお早めに!

会員登録(無料)

製品カタログ

アプリケーションノート

取扱説明書

SDS

FAQ

製品仕様

凍結時の至適細胞数について教えてください。

5×10^5~1×10^7 Cells程度が細胞凍結時の至適細胞数になります。

回収した細胞に、本試薬1 mLにて懸濁して凍結保管をしてください。

使用方法・
技術的内容

凍結時の至適細胞数外で凍結した場合は、結果に影響をあたえますか?

至適細胞数以外での凍結については、メーカーで検証されておりません。

お手数をおかけしますが、至適細胞数以外での凍結をご希望の場合は、ご検証のうえ、ご使用ください。

 

なお、細胞種によっても凍結時の至適細胞数異なる為、ある程度幅を持たせて推奨値とさせていただいております。

トラブル
シュート

生存率が良くなかった場合のトラブルシュートを教えてください。

凍結前の細胞の状態、凍結時の条件、もしくは解凍時の操作が結果に影響を与えやすいです。

以下の3点をご参照ください。

 

  • 対数増初期で、できるだけ細胞の状態が良い状態で凍結する。
  • バイセルや、プログラムフリーザー等、凍結温度曲線をサポートする機器類を使用する。
  • 解凍時にウォーターバスで、0℃付近の危険な温度帯を素早く通過し、一気に解凍する。

3件 /13件を表示

この製品に関するFAQ一覧

お知らせ

レビュー

4.2 9件のレビュー

レビューを書く

2.0

2021年09月01日

本研究室の培養条件には合わない。

サンプルの使用感は、血清フリーのため凍結時に泡立ちにくく操作しやすい商品でした。
細胞数や生存率に関しては、他社製品よりややよい成績でした。
同条件の細胞を融解した後、生存率や細胞形態は従来の製品と比較し差異が見られました。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2021年9月1日

帯広畜産大学 生命・食料科学研究部門 Y.M. 様

3.0

2021年04月19日

良好です

細胞の生存率が上昇しました。凍結後の増殖も良好です。
価格面で、より低価格を希望します。

※実験条件
細胞株:がん幹細胞
チューブ当たりの凍結細胞数:1,000,000
凍結温度と期間:-80°C、1年以上
凍結時の生存率:50%


(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。

関西医科大学 附属生命医学研究所 patch clamper 様

5.0

2020年01月22日

良好でした

バンバンカーより、細胞の生存率が向上した。
価格面の改善があると助かります。

※実験条件
細胞株:グリオーマ由来がん幹細胞
チューブ当たりの凍結細胞数:10^6
凍結温度と期間:-80°C、1年以上
凍結時の生存率:80%

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2020年1月22日

関西医科大学 細胞機能部門 はやしみきお 様

5.0

2019年06月10日

ヒト由来の細胞株で凍結後の生存率が悪い細胞には、是非、本試薬を試される事をお勧め致します

本保存液を使うことにより、自家調製保存液に比べて検討した細胞全てにおいて著明な生存率の向上が認められました。
これまでの自家調製保存液では、使用する血清のロットにより凍結後の生存率に差が生じていましたが、本保存液は血清を使用しない試薬であるため、血清のロットに依存しない安定した保存状態を保
てると考えられます。ヒト由来の細胞株で凍結後の生存率が悪い細胞には、是非、本試薬を試される事をお勧め致します。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒト急性骨髄性白血病細胞株凍結保存効率の比較」
⇒ ダウンロードはこちら

宮崎大学 医学部 機能制御学講座 腫瘍生化学分野(現 大阪大学大学院医学系研究科)兼田 加珠子 様

5.0

2019年06月10日

融解後の生存率の悪いヒト由来の細胞株があれば、本試薬の導入を検討されることをお勧め致します

バンバンカーhRMは、これまで融解後の生存率が悪かった細胞株の保存において、非常に有用であることが分かりました。
取り扱い方法も既存の試薬と全く同じであり、容易に導入することが出来ました。
融解後の生存率の向上により、再現性の良い実験ができるようになりました。
融解後の生存率の悪いヒト由来の細胞株があれば、本試薬の導入を検討されることをお勧め致します。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒト白血病細胞株(RCB1296: HNT-34)の凍結保存効率の改善」
⇒ ダウンロードはこちら

宮崎大学 医学部 機能制御学講座 腫瘍生化学分野(現 大阪大学大学院医学系研究科)兼田 加珠子 様

5.0

2019年06月10日

ヒトiPS細胞の保存・維持の効率改善に繋げるものとして期待しております

ヒトiPS細胞の凍結保存にはこれまでガラス化法を用いてまいりましたが、熟練を要すること・多本数のバイアルの同時処理が難しいことなどが問題となっておりました。
バンバンカーhRMはこの点での作業効率を向上させ得るものと考えております。また保存性の向上も見られたことから、ヒトiPS細胞の保存・維持の効率改善に繋げるものとして期待しております。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒトiPS細胞凍結保存効率の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

米国法人 蓮見国際研究財団 東京リサーチセンター 平野 啓 様

5.0

2019年06月10日

凍結保存のハードルが格段に下がりました

改良型の緩慢凍結法にready-to-useのバンバンカーを組み合わせることでヒト多能性幹細胞を他の汎用動物細胞株と同じ様に扱うことができ、凍結保存のハードルが格段に下がりました。
今回の実験ではいずれもROCK阻害剤を使用せずに行っていますが、融解直後及び再播種後の生存率も非常に高く保たれていますので、いずれのシリーズも効率的な試薬だと思います。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ヒトiPS細胞/ES細胞凍結保存効率の比較」
⇒ ダウンロードはこちら

京都大学 再生医科学研究所 胚性幹細胞研究分野 宮崎隆道 様

4.0

2019年04月09日

他社製品と比較していないが問題なく使用できました

凍結後の生存率が良かったがさらなる生存率向上を期待します。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年4月9日

アニコム先進医療研究所 研究開発課 タロウ 様

4.0

2019年04月09日

プライマリー細胞にかなり使えると思います。

他の製品と同様に、考えずに保存できるのが良いと思います。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2019年4月9日

北海道大学 遺伝子病制御研究所 Here 様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ