オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 EC価格
CS-02-001 バンバンカー
キャンペーン中! 期間:2022年03月31日 まで
120 mL 在庫あり
CS-04-001 バンバンカー
キャンペーン中! 期間:2022年03月31日 まで
20 mL×5本/箱 在庫あり

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

「無血清」なのに 「血清入り」と同等性能!(特許取得済)

特長

  • 血清を含みません。
  • 高生細胞率保護剤(特許取得済)により、血清含有製品と同等の保存が可能。
  • 簡便にディープフリーザー(-80℃)で急速かつ長期間凍結保存が出来ます。
  • 12時間程度 -80℃で凍結した後に、液体窒素保存することも可能です。
  • 日本国内においてはGMPは研究用試薬の製造には適用されませんが
    GCリンフォテック社ではGMP準拠に相当する製造を行っています。
  • 本製品にはウシ血清由来の化合物を含みます。

 

使用例

  • 3T3L1(マウス前駆脂肪細胞株)
  • A431(ヒト扁平上皮がん細胞株)
  • BAEC(ウシ大動脈血管内皮細胞株)
  • Balb/3T3(マウス繊維芽細胞株)
  • C2C12(マウス骨格筋細胞株)
  • canine CAR‐T cell(イヌCAR‐T細胞)[1]
  • Daudi (ヒトB細胞株)
  • ECV304(ヒト臍帯静脈内皮細胞株)
  • H295R(副腎皮質細胞)
  • HEK293(ヒト胎児腎細胞株)
  • HEK293T(ヒト胎児腎細胞株)
  • HeLa (ヒト子宮頸がん細胞株)
  • HeLa S3(ヒト子宮頸がん細胞株)
  • HepG2 (ヒト肝臓がん細胞株)
  • HFF(ヒト正常繊維芽細胞株)
  • Huh7(ヒト肝がん細胞株)
  • Jurkat(ヒト白血病T細胞株)
  • K562 (ヒト慢性骨髄性白血病細胞株)
  • KATOIII (ヒト胃癌上皮細胞株)
  • KLM1(ヒト膵がん細胞株)
  • MDCK(イヌ腎臓尿細管上皮細胞株)
  • MEF (マウス胎仔線維芽細胞)
  • NIH3T3(マウス胎児皮膚細胞株)
  • OKT4 (マウスハイブリドーマ)
  • OP9 (マウス骨髄性ストローマ細胞)
  • P3U1 (マウスミエローマ細胞株)
  • PANC1(ヒト膵がん細胞株)
  • PC12 (ラット由来の副腎褐色細胞種株)
  • RPE(ヒト細膜上皮細胞株)
  • SNL (マウス胎仔線維芽細胞)
  • TSUPr1(ヒト前立腺がん細胞株)
  • Vero(アフリカミドリザル腎細胞株)
  • ヒトγδT細胞
  • ヒトB細胞株
  • サルB細胞株
  • ヒト抹消血由来活性化リンパ球
  • ヒト不死化筋細胞
  • マウス脾臓由来活性化リンパ球
  • マウスES細胞株
  • DT40(ニワトリB細胞由来)
  • ATDC5(マウス前駆軟骨細胞株)
  • RAW264.7(マウスマクロファージ)

 

【参考文献】

1. Sakai O, Igase M, Mizuno T (2020) Optimization of canine CD20 chimeric antigen receptor T cell manufacturing and in vitro cytotoxic activity against B-cell lymphoma. Vet Comp Oncol n/a: https://doi.org/10.1111/vco.12602

注意

  • 人体に使用できません。 
  • 治療を目的とした細胞の保存には使用できません。 
  • 研究用以外の目的で使用しないで下さい。 
  • 本製品にはウシ血清由来の化合物を含みます。 
  • ご使用前には目的の細胞で確認試験をおこなってください
    *本製品の使用に起因する事故や損害についての責任は負いかねます。
    *ご使用に際し不明な点などがございましたらお問い合わせ下さい。

関連製品

仕様

  • 製品保存条件:2 ~ 10℃で2年間

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

関連記事(UP! Online)

UP!Onlineサイトの新着情報がタイムリーに届く、無料のWEB会員サービスはご存知ですか? 会員様限定キャンペーンもどんどん増えてます。登録はお早めに!

会員登録(無料)

製品カタログ

アプリケーションノート

技術資料

SDS

FAQ

使用方法・
技術的内容
ヒト組織由来幹細胞(初代培養)の保存を検討しています。 バンバンカー(DMSO入り)、またはバンバンカーDMSOフリーのどちらがお勧めでしょうか? 細胞は基礎実験に使用予定です。
弊社としましては、バンバンカー(DMSO入り)をお勧めしております。 実際に、弊社の他のお客様でもヒト組織由来幹細胞(初代培養)の保存を、 バンバンカー(DMSO入り)を用いていらっしゃる方もいらっしゃいます。 一般的に、DMSOは細胞内に浸透し氷晶の形成を抑制することで、凍結時の細胞へのダメージを 軽減していると言われております。 一方で、DMSOは毒性が高く、細胞によっては、分化を促進させるという報告もございます。 このため、DMSO入りと比較すると、細胞の生存率は下がりますが、DMSOフリータイプの 保存液を選択されるお客様もいらっしゃいます。
使用方法・
技術的内容
バンバンカーは、細胞だけでなく、ヒトや動物の組織片を保存することはできますか?
大変恐縮ではございますが、本製品は細胞凍結保存液であり、組織の保存に関しては、特に保証している製品ではございません。 ただし、ご参考までに、弊社ではバンバンカーをご使用のお客様から、「組織の凍結保存に使用している」「凍結融解後に、初代培養株を樹立している」というフィードバックをいただいたことがございます。 使用方法に関してですが、組織片をハサミやピンセットで細かく切り刻み(ミンス)凍結保存されているとのことです。
使用方法・
技術的内容
バンバンカーを用いて、ヒト脳血管平滑筋の初代細胞を凍結保存することは可能でしょうか?
種々のヒト初代細胞、株化された平滑筋細胞株での保存実績がございます。 (実績一覧は、製品ページに記載がございます。) ですので、ヒト脳血管平滑筋の初代細胞の保存も可能と考えられます。

3件 /16件を表示

この製品に関するFAQ一覧

お知らせ

レビュー

4.5 15件のレビュー

レビューを書く

4.0

2021年07月13日

良好です

セルバンカーを以前は使用していましたが、他のラボの方からバンバンカーを薦めていただきました。問題無く使用できています。価格が下がれば買います。

※実験条件
細胞株:293T
チューブ当たりの凍結細胞数:1000000
凍結温度と期間:-80度まで徐冷し、次の日に液体窒素保存
凍結時の生存率:特に問題ないです。
凍結後の増殖:良好です。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。

岡山大学大学院 歯学部 たかーし様

5.0

2021年07月12日

PlatE以外の細胞は特に問題なく簡単に凍結保存できる。

ほとんどの細胞で使用でき、いきなりー80度で長期保存できるのは非常に使い勝手が良い。
PlatEなどうまく凍結しにくい細胞があるので、そのあたりを改善していただければと思います。

※実験条件
細胞株:HEK293, C2C12, ATDC5, PlatEなど
チューブ当たりの凍結細胞数:100万個程度
凍結温度と期間:-80度、1か月~数年
凍結時の生存率:PleatE以外は7-9割程度は生存しているように見えます。PlatEは1割程度しか生存していません。
凍結後の増殖:問題なく増えます

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。

九州歯科大学 分子情報生化学分野 げんたろう 様

5.0

2021年05月25日

起こした際の細胞生存率も高く、安心して細胞を保存できた

細胞の生存率が高かく、起こした際の細胞生存率も高く、安心して細胞を保存できた。
容器の口が狭く、溶液を最後まで取り出すのが難しい点は改善してもらいたい。

※実験条件
細胞株:HEK293
チューブ当たりの凍結細胞数:3.7 x 10^6cells
凍結温度と期間:液体窒素中で1ヶ月
凍結時の生存率:99%
凍結後の増殖:早かった

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。

一般社団法人プロダクティブ・エイジング研究機構  めぐ3様

5.0

2021年05月12日

非常に満足しています。

細胞生存率、増殖効率ともに問題なく、非常に満足しています。
4℃保存なので、融解忘れに悩まされることがなくなりました。
特に改善希望はございません。細かく切った主要組織片の保存にも使用できないかと考えていますが、検討したデータまたはユーザーの声がありましたら勉強させて頂きたいです。

※実験条件
細胞株:血管肉腫培養細胞株 (イヌ,マウス,ヒト)
チューブ当たりの凍結細胞数:約 2 x 10^6 個 (10 cm dish サブコンフルエントを4本のチューブにわけて保存)
凍結温度と期間:-80度。今のところ最長半年保存。
凍結時の生存率:95%以上。死亡細胞はほとんど認められない。
凍結後の増殖:増殖効率に問題はありません。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。

北海道大学 大学院獣医学研究院 比較病理学教室 青島圭佑様

5.0

2021年05月10日

細胞の生存率が良かった

他の市販保存液と同時に比較してみたが、バンバンカーの方が生存が良かったため、今後の継続使用に採用しました。
3年くらい保存できる保存液を希望します。

※実験条件
細胞株:iPS, AML12
チューブ当たりの凍結細胞数:数えていない
凍結温度と期間:-80℃、1年半
凍結時の生存率:良好

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。

名古屋大学 医学系研究科 マイ様

4.0

2021年04月21日

簡便に使用できます

使用に際し細胞に影響もなく良かった。
特に改善希望はなく現状に満足です。

※実験条件
細胞株:微小血管内皮細胞
チューブ当たりの凍結細胞数:2.5×10^5 cells
凍結温度と期間:-80℃および-180℃
凍結時の生存率:98%程度

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
この度は誠に有難うございました。

防衛医科大学校 防衛医学研究センター 外傷研究部門 ウランちゃん様

3.0

2021年04月19日

安定している

安定していて特に問題はありません。

※実験条件
細胞株:肺癌細胞株 ; H69, H69AR, SBC1,SBC3,SBC5
チューブ当たりの凍結細胞数:3×10e6
凍結温度と期間:-80℃、6ヶ月
凍結時の生存率:80〜90%

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
この度は誠に有難うございました。

熊本大学 生命科学研究部 研究者様

5.0

2021年03月02日

起眠率が良く、良い商品だと思います。

再現性、起眠率がいいのが、良い点だと思います。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。

国内バイオ企業 研究開発部門 HS様

4.0

2021年02月26日

セルバンカーの代替品として使用している。

feeder細胞のストックには問題なく使用できている。株によっては生存率が悪いことがあり、そういう場合にはセルバンカーを使用している。
セルバンカーと同等の生存率を目指してもらいたいです。株によって成績が違うのでラボで使用している保存液すべてをバンバンカーに変更することはできていない。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。

京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点ASHBi よーん様

4.0

2020年11月04日

簡便に使用できて良い。

徐々に冷やすなどの手間と時間が省ける。セルバンカーより安価。

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
今後の製品改良・改善の参考とさせて頂きたいと思います。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。

広島大学 なかし様

4.0

2020年02月12日

良好でした

凍結後の増殖も問題なく、良好でした。

※実験条件
細胞株:HEK293
チューブ当たりの凍結細胞数:1*10^6
凍結温度と期間:液体窒素で保存
凍結時の生存率:不明

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2020年02月12日

北海道大学 農学部 AGR 様

5.0

2020年01月14日

素晴らしい

セルバンカーより良いと思います。

※実験条件
細胞株:HCT116, RPE1
チューブ当たりの凍結細胞数:数えていない
凍結温度と期間:-80℃、1年間
凍結時の生存率:ほぼ100%

(日本ジェネティクスより)
この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、誠にありがとうございます。
またお気づきの点がございましたら、いつでもご意見をお寄せください。
この度は誠に有難うございました。
2020年01月14日

三重大学医学部 神経再生医学 ひでくん 様

5.0

2019年06月10日

マウスES細胞の凍結保存液として適していると思われる

我々は今まで10% DMSO/ES細胞培養培地を凍結保存液としていた。
今回、バンバンカーの利用を試みた。凍結保存液調製の手間が省ける上に、凍結・融解しても既存の方法に比べて死細胞の数が減少していた。
マウスES細胞の未分化状態にも異常は観察されなかった。
よって、操作の簡便性とランニングコストを考慮すると、マウスES細胞の凍結保存液として適していると思われる。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウスES細胞保存」
⇒ ダウンロードはこちら

生体分子機能工学専攻 田川研究室 安 成晧様

5.0

2019年06月10日

現在使用している市販品と比べ、解凍後の細胞増殖が優れている

我々JCRB細胞バンクでは細胞バンク業務を30年間行っており、現在1400種類の細胞株を凍結保管し、2013年は約4,300アンプルを国内外の研究者に有償で提供しております。
多種多様の細胞株を保管していることからいくつかの問題をかかえておりました。
その中でも大きな問題は利用者から細胞株が解凍後死んでしまい、うまく培養できないというフィードバックがあり、特に今回検討した4種類の細胞株は早急に改善しなければならない問題でした。
そこで紹介頂いたバンバンカーを使って保存解凍試験を行った結果、現在使用している市販品と比べ、解凍後の細胞増殖が優れている、しかも4種類すべてで再現性が良い結果が得られたことが驚きでした。
さらにバンバンカーは、血清を含まないことからロット差がなく、海外への提供手続きも非常にスムーズに行えることがわかり非常に感謝しております。
今後、JCRB細胞バンクではバンバンカーに切替え、利用者からのフィードバックに対して生存率及び増殖の改善を行ってまいります。
長年の問題を解決してくれたことに感謝しており、バンク以外の国内外の研究者に広めていきたい製品です。
本データはJCRBホームページにも記載予定です。
今後は、ヒト組織由来、ヒトiPS細胞株についても検討したいと考えております。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「細胞バンクで取り扱う約1,400種類のうち解凍後の生存率が低いと されている4細胞株での凍結保存後の生存率の改善事例」
⇒ ダウンロードはこちら

独立行政法人医薬基盤研究所JCRB細胞バンク 小原有弘先生

5.0

2019年06月10日

価格も安く、安定した保存もできる無血清タイプの保存液として重宝しています

バンバンカーは価格も安く、安定した保存もできる無血清タイプの保存液として重宝しています。
実際にiPS細胞の作成もうまくいきましたので、線維芽細胞に関しては今後もバンバンカーを使っていきます。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「iPS細胞誘導用コモンマーモセット繊維芽細胞凍結保存効率の比較検討」
⇒ ダウンロードはこちら

京都大学霊長類研究所分子生理研究部門遺伝子情報分野 北島龍之介 様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ