Blue/Green LED搭載ゲル撮影装置

幅広い核酸染色試薬に抜群の相性を発揮する、Blue/Green LED。
日本ジェネティクス株式会社が独自に開発した技術です。

ラインナップ一覧

Blue/Green LED を搭載したゲル撮影装置の一覧です。

ファス デジ プロFAS-Digi PRO ファス デジ コンパクトFAS-Digi compact ファス ナノFAS-Nano イルミネーター単品

微弱なバンドも高感度で検出

デジタルに抵抗のある人にこそおすすめ。シンプルな操作で直感的に使えるソフトウェア。タブレットorPCも選べます。

置き場所を選ばないコンパクトなボディ

デジカメの直感的な操作でゲル撮影が可能。後からPROへのアップグレードが出来るのも魅力。

スマホ/タブレットで気軽に撮影

安全なLEDなので切り出し専用としても使用可。超軽量・ポータブル。イルミネーターの強さは3段階調節可能。

Blue/Green LEDイルミネーター単品

お手持ちのゲル撮影装置のイルミネーター部分のみ入れ替えて。

カメラ CMOSデジタルカメラ(2410万画素)
Canon 250D
CMOSデジタルカメラ(2410万画素)
Canon 250D
お客様自身でご用意ください
操作方法 PCソフト・タブレット デジカメ本体 スマートフォン・タブレット -
保存形式 TIFF/JPEG - - -
光源波長 470-520 nm 470-520 nm 500 nm 500 nm(480~510 nm)
撮影有効スペース 26×21 cm 26×21 cm 10×10 cm 20×16 cm
白色LEDオプション × ×
定格電圧 100-240 V〜
50/60 Hz, A
100-240 V
50/60 Hz, A
100-240 V
12V, 1.25 A
電源:100 V
電流:0.2 A
サイズ 570×350×325 mm(H×L×W) 500×350×325 mm(H×L×W) 216×168×128 mm(L×B×H) 340×270×50 mm(H×L×W)
重量 14 kg 7.4 kg 1.2 kg 2.9 kg
型番 GP-07LED GP-08LED FAS-Nano LB-16BG
価格(税抜) 750,000円(PCは付属していません) 492,000円 124,000円 180,000円
動画

検出感度の高さ

Blue/Green LED の放出波長は500nm 前後。 アガロース電気泳動においては必ず核酸染色試薬を用いますが、ゲル撮影における「感度のよさ」「バックグラウンドの低さ」というのは、光源であるイルミネーターと染色試薬の最適な組み合わせでほぼ決まります。

当社では、これまで世間の実験環境で使用されてきたUVイルミネーターとEtBr(エチジウムブロマイド)という組み合わせに対し、このBlue/Green LED イルミネーターと、ミドリグリーンという非常に安全性の高い染色試薬を用いた組み合わせでのゲル撮影を行う事で、その検出感度の高さを実証いたしました。
少なくとも、人体とサンプルに悪影響を及ぼすとされているUV光源を使い続ける理由は、もはや無いと言えるのではないでしょうか。

実験条件
1.5% TAEアガロースゲルにおいて、3種類の核酸染色試薬を用いて電気泳動後、それぞれを、3種類のイルミネーターに入れ替えられるデジカメ式ゲル撮影装置にて撮影を行った
DNAラダー:KAPA Express Ladder(KK6304)
核酸染色試薬
1)Midori Green Direct(NE-MG06)1.0ul/レーン
2)Midori Green Advance(NE-MG04)ul/100ml(0.5uL/12.5mL)
3)EtBr エチジウムブロマイド 0.5μg/ml
ゲル撮影装置
FAS-Digi Nikon CoolPix7700
  • 1)青色LEDイルミネーター(波長470nm)
      +アンバーフィルター
  • 2)青/緑色LEDイルミネーター( 波長500nm)
      +アンバーフィルター
  • 3)UVイルミネーター(波長302nm)
      +アンバーフィルター
電気泳動
装置:SafeBlue Electrophoresis System(MBE-150PLUS)
アガロース:1.5% TAEアガロースゲル(NE-AG02)
100V 30 ~ 50min

安全性

UV(紫外線)がLEDに比べて人体(特によく聞かれるのは角膜など)に危険な光源であることはご存知の通りです。
しかし、実験におけるDNAサンプルへの影響については意外と知られていません。一般的にUVとEtBr(エチジウムブロマイド)という組み合わせは、実は人体にもサンプルにも悪影響を及ぼすという事が知られています。
エチジウムブロマイドは高い変異原性がある事でも知られており、皮膚・眼・粘膜などへの刺激性はもちろん、変異原性があると言われています。
そしてUVについては、照射すること自体がDNAサンプルに悪影響を与えていることが当社での検証実験でも明らかになりました。

プラスミドDNAのゲルピックアップ時におけるイルミネーターの光源の種類と核酸染色試薬の影響

評価方法

電気泳動したプラスミドDNA をピックアップする際に、イルミネーターと核酸染色試薬を下記の組み合わせで使用した。
トランスフォーメーション後、コロニーの数をカウントすることによって、イルミネーターと核酸染色試薬の影響を評価した。

核酸染色試薬との相性

幅広い核酸染色試薬と抜群の相性 Blue/Green LED

LEDが人体にもサンプルにも安心してお使いいただける光源であることはご存知の通り。
一般に知られているLEDはいわゆるBlue LED(波長470nm前後 )ですが、
FAS -Digi PROに採用されているのは、弊社独自開発のBlue/Green LED(波長470~500nm)。
なぜUVではなくLEDなのか、なぜBlue LEDではなくBlue/Green LEDである必要があるのか。

Blue/Greenのメリット

  • 01クローニング効率向上
  • 02シークエンス時のエラー改善
  • 03安心・安全な実験環境

核酸染色試薬をほぼ選ばない

ゲル撮影における「感度の良さ」「バックグラウンドの低さ」というのは、光源であるイルミネーターと染色試薬の最適な組み合わせでほぼ決まります。Blue/Green(青緑)の500nm前後の波長は、緑色のDNA色素の検出に最適。当社の検証試験においても幅広い核酸染色試薬との相性の良さが証明されています。

UV撮影におけるサンプルへの影響

UV光(紫外線)は、DNAサンプルに悪影響を与えていることが当社での検証実験でも明らかになっています。
安全なだけでなく幅広い核酸染色試薬と抜群の相性。このBlue/Green LEDテクノロジーが未来のゲル撮影の常識を変えるといっても過言ではありません。

エチジウムブロマイドとMidori Greenのスペクトル

UV-Light:安全性・安定性の低さが問題

通常、エチジウムブロマイドまたはミドリグリーンのような赤色・緑色のDNA色素は、UV光において良好な発光を示すため、結果として十分なDNAバンドを検出するのですが、UVは人体とDNAサンプルにとってダメージがあることが確認されています。(弊社 Technical Note 2014〈04〉「Blue/Green LEDとミドリグリーンシリーズの有効性」参照)
また、わずか30秒のUV照射によりクローニング効率が大幅に低下し、他のダウンストリームアプリケーションに影響を与えます。このため、DNAの視覚化にUVを用いることは、もはや最善の方法ではなくなりました。

Blue/Green:高感度で安全な検出

Blue/GreenのLED技術は470 nm~520 nmのスペクトルの光源を使用しています。
この光源は、人体やDNAサンプルにダメージを与えません。この波長領域での励起が少ないエチジウムブロマイドや赤色のDNA色素であっても、UV光源に匹敵する強度でDNAバンドの検出が行えます。 緑色のDNA色素は、Blue/Greenのスペクトルで非常に高い強度を持っているため、優れた強度を持つDNAバンドになるのです。(弊社 Technical Note 2014〈06〉「FAS-Digi(Blue/Green LED)における核酸染色試薬の検出感度評価」参照)

お問い合わせはこちら

オンラインでのご説明も可能です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページ

ページトップへ