Genopureプラスミド ミディ/マキシキット Genopureプラスミド ミディ/マキシキット

Genopureプラスミド ミディ/マキシキット

(Genopure Plasmid Midi/Maxi Kit)

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫
03143414001 Genopure Plasmid Midi Kit 20 reactions 在庫あり
03143422001 Genopure Plasmid Maxi Kit 10 reactions 在庫あり
04634772001 Genopure Buffer Set 1 set 在庫わずか 受注発注品 返品不可

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

プラスミドDNAの調製用キット

アプリケーション

このキットは「マキシプレップ」として知られる、大量のプラスミドDNA調製に使用されます。改変アルカリ溶解法を用いて、高純度の精製プラスミド(RNA不含)が作成されます。

キットはバクテリア培養から500μgまでのプラスミドDNAの分離用にデザインされています。プラスミドのコピー数に応じて、30~150 ml(高コピー数)か100~500 ml(低コピー数)のバクテリア懸濁液を使用します。精製プラスミドDNAは、すべての分子生物学的応用(トランスフェクション、PCR、制限酵素分析/サザンブロッティング、シークエンシングやクローニングなど)に最適です。

原理

分離操作は改変アルカリ溶解プロトコールに基づいており、バクテリアは部分的に溶解され、DNAは細胞壁から上澄へ逃れます。より大きなE. coliの染色体は細胞壁内に留まります。ライセートは細胞残渣からきれいになり、プラスミドDNAを含むフラクションをカラムに加えます。核酸は重力フローカラムにパックされたイオン交換シリカ材料に結合します。陰イオン交換多孔体への核酸の結合には、低塩濃度が必要です。夾雑のバクテリア成分を塩濃度を上昇させた洗浄バッファーで除去します。プラスミドDNAは溶出され、塩を除去し、溶出物を濃縮するために沈殿化されます。

※ローコピープラスミドの場合、Genopureバッファーセットが必要です。

仕様

保管温度:常温 (15-25℃)
毒劇:なし

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ