マグナライザー

マグナライザー

(MagNA Lyser)

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)12時迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫
03358968001 MagNA Lyser 本体 1台 お問い合わせください 受注発注品 返品不可
03359093001 MagNA Lyser用ローター 2個 お問い合わせください 受注発注品 返品不可
03359085001 MagNA Lyser用クーリングブロック 1個 お問い合わせください 受注発注品 返品不可
03358941001 MagNA Lyserグリーンビーズ 100本 在庫わずか

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

製品概要

MagNAライザーは、
様々なアプリケーションのための、組織サンプルの全自動での効率的なホモジナイザーです。

この卓上型の破砕機は、自動核酸抽出装置(MagNA Pure)、リアルタイムPCR装置(LightCycler)の前処理に最適です。
様々な組織からDNA、RNA、mRNAを抽出するMagNA Pure LCアイソレーションキットと共に使用されるようにデザインされています。

また、組織や細胞の破砕が要求される他のアプリケーションにも使用できます。
この機器は哺乳類の組織、植物組織、その他試料の均一化に、最適な条件を提供します。

MagNAライザーは、MagNAライザーグリーンビーズ、サンプル、溶解試薬を充填したチューブをローターに装着し迅速な往復運動をします。 サンプルとビーズとの摩擦によりサンプルが破砕されます。
16サンプルを同時処理可能で、いろいろなサンプル処理をするための、MagNA Pure LCアイソレーションキットの溶解バッファーが別途入手可能です。セットアップ中のサンプルを効率的に冷却のためのクーリングブロックが含まれます。

利点

手間のかかるサンプル調製を簡便化します

  • 多様なサンプル材料を効率的にホモジナイズします。
  • 卓上クーリングブロックで核酸の分解を防ぎます。
  • 取り外し可能なローターと充填済みの使い捨てバイアルが、セットアップとクリーニングを簡単にします。

取り扱いの簡単な機器で自動化します

  • 最大16サンプルを数秒でホモジナイズします。
  • 小さな機器のため研究室のスペースを無駄にしません。
  • 乳鉢と乳棒、他の用手法の代わりに使用することで取扱い時間が短縮できます。
  • MagNA Pure LCシステムやMagNA Pureコンパクトシステムの全自動核酸分離とワークフローを統合できます。

多能、効率的で迅速な前調製

  • 一定で再現性の高いサンプル破砕を実行します。
  • 多くのサンプルタイプを処理します。

仕様

機器の仕様

容量 1-16ポジションのクリックリリースローター
回転速度 約7000 rpm
サイズ 300×315×380 mm(W×D×H)
重量 約 20 kg
電源 AC 110~240 V、50/60 Hz
消費電力 最大1 kW

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

レビュー

5 1件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年06月26日

Tube内で破砕できるので、そのまま遠心操作に移行できる点が便利

16サンプルの破砕が同一回の操作で行える点、Tube内で破砕できるので、そのまま遠心操作に移行できる点が便利。
頭頂骨の破砕の際に熱が発生するのを感じたが、RNAは問題なく調製できていた。
Cryo-Pressで調製しているRNAと同じ品質のRNAを調製することができた。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウスliver(肝臓)およびcalvaria(頭頂骨)からのRNA調製における組織破砕方法の検討(Cryo-Press破砕法との比較)」
⇒ ダウンロードはこちら

自治医科大学分子病態治療研究センター 抗加齢医学研究部ご所属のお客様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ