この製品の動画

この製品に関する動画一覧

製品概要

【NEC社製タブレット(Lavie Tab)をご利用中のお客様へ】

現在、NEC社製タブレット端末「Lavie Tab」を、最新のファームウェアにアップグレードすると、ピコスコープのアプリ(PAS-110 for Android)で不具合が生じ、測定ができない現象を確認しております。

Lavie Tabの最新ファームウェアにアップグレードしないようお願いいたします。(詳しいご案内はこちらです)

特長

好きな時にどこでも使える、手のひらサイズの吸光度計
•手元におけるコンパクト設計
•専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットで気軽にサンプル濃度測定
•蓄積データ、グラフをその場でチェックできます。
•PCRチューブのまま測れるのでフタの開閉不要。コンタミ防止になります。
•キュベットへの移し替えやふき取り作業も不要

対象サンプル

・タンパク質
・細菌
・重金属
・環境ホルモン


Bradford法によるタンパク質定量

 

専用PCRチューブ

FG-021F  FastGene 0.2mlシングルPCRチューブ(フラットキャップ)

注意点

※本体一式にタブレットやスマートフォンは含まれておりません。操作の際には別途必要となります。
※専用ソフトウエア対応OSおよび対応機種(2016年5月現在)はこちら

お客様の声

富山県立大学 工学部 生物工学科 助教 高橋裕里香先生
『 PiCOSCOPEは、ポータブルで微量測定ができることから興味を持ちました。クリーンベンチ内など好きな場所で測定ができ、且つ測定に多量の培養液を要しないことは、日々の研究活動を楽にすると考えたからです。
また光路長の短いPCRチューブを使うため、高濃度の菌液も測りやすいのではないかと推測し、これが本論文を執筆するきっかけとなりました。仮説通り、PiCOSCOPEは従来吸光計では直接測定できない濃い菌液まで測定することができ、その精度は一滴吸光計を上回るものでした。持ち運びができることに加え、希釈という手間をかけることなく菌体培養液の濁度を測定できるのは便利だと感じています。』
▶▶ 詳細アプリケーションノートはこちら

*本論文は、日本農芸化学会の英文誌 Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2016年7月)に掲載されています。
Application of polydimethylsiloxane-based optical system for measuring optical density of microbial culture    (PDMS 製光路を用いた吸光度計による細菌培養液の濁度測定)

▶▶ 論文原稿のダウンロードはこちら(Research Gate)

一足先に試した弊社テクニカルスタッフの声

このピコスコープを使った率直な感想は、「これ便利」です!
『弊社ラボでは、大腸菌のOD 測定にチャレンジしたのですが、高価な吸光光度計との相関が得られました。
個人的に1 番嬉しかったことは、キュベットを使用する必要がなく、0.2ml のチューブで測定できるという点です。
0.2ml のチューブなので、測定後にそのままオートクレーブが可能ですし、ディスポーザブルのキュベットと比べて、価格を気にすることなく使用できました。
そのほか、オススメのポイントはいくつかあるのですが、論より証拠、気になった方は是非1 度お試しください。
また、まだまだアプリケーションの可能性に秘めた製品ですので、フィードバックも募集しています!こんなことに使用できました~など、是非ご応募ください。』

 

2017年度日本分析化学会 にて、 先端分析技術賞 JAIMA 機器開発賞を受賞しました!

★日本分析化学会 先端分析技術賞

先端的分析技術開発(機器開発、分析・評価技術開発、分析用新規物質の開発、など)や実用化において、優秀なる業績と展開性を示した個人あるいはグループに贈呈しています。本賞は(一社)日本分析機器工業会(以下、JAIMAという)のスポンサーシップによるJAIMA機器開発賞(毎年2件以内)と、(一財)化学物質評価研究機構(以下、CERIという)のスポンサーシップによるCERI評価技術賞(毎年1件以内)によって構成されています。毎年「ぶんせき」誌7月号に本賞候補者の推薦に関する会告を掲載しています。先端分析技術賞審査委員会にて候補者を選考し、理事会で承認の後、表彰しています。

公益財団法人 日本分析化学会ホームページより抜粋
http://www.jsac.jp/

▶▶受賞記事について、詳細はこちら(PDF)

仕様

サイズ:D70 x W150 x H30mm
重量:200g
電源:単4電池×3本
表示言語:日本語/英語

<測定>
サンプル数:1本
時間(測定開始から結果出力まで)1秒~
吸光度範囲:0.02~
測定感度検知下限値:1ng/mL~(プロモフェノールブルー水溶液)

<センサ部>
光源:白色LED

カラーセンサ
最大感度波長 波長域
Red 615nm 575-660nm
Green 530nm 455-630nm
Blue 460nm 400-540nm

外部インターフェース:Bluetooth low energy (Bluetooth smart)Class 2
対応タブレット・スマートフォン Nexus(2013)、Nexus 9、iPhone
最小サンプル量:30μL

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
CatNo.概要単位価格在庫
PAS-110 吸光度計 ピコスコープ® 一式 在庫あり

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

FAQ

使用方法・
技術的内容
特定波長を指定して測定することは出来ますか?
・特定波長を指定し測定する機能は搭載しておりません。
・測定波長の範囲は400~660nmです。460nm, 530nm, 615nmをピークとし測定波長幅を持つ3つのカラーセンサーで測定しています。
※詳しくは仕様欄をご覧ください
使用方法・
技術的内容
吸光度範囲はいくつでしょうか?
・吸光度範囲の下限は0.02です。
・吸光度範囲の上限は、試料に依存するため定義が難しいですが、例えば「ゲンチアナバイオレット希釈液」では0.02-0.7程度の範囲で直線を保つことが出来ます。試料により吸光度1程度までは測定可能です。
※詳しくは仕様欄をご覧ください
使用方法・
技術的内容
測定感度(検出下限値)はどのくらいでしょうか?
検出下限値は1ng/ml(ブロモフェノール水溶液で確認)、吸光度の下限値は0.02~です。
※詳しくは仕様欄をご覧ください

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

レビューはまだ投稿されていません。投稿をお待ちしております。

レビューを書く

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ