マウスジェノタイピング キット ( エムジーキット)

マウスジェノタイピング キット ( エムジーキット)

(KAPA Mouse Genotyping Kit (MG Kit))

KAPA BIOSYSTEMS

製品概要

快速!わずか120分結果が分かります!

サンプルを<簡単(easy)>&<短時間(fast)>で、安定したPCR増幅が得られます。

【特長】
・マウスジェノタイピング用にカスタマイズした専用キットです。
(組織からのDNA抽出試薬と2×PCRマスターミックス試薬)
・最短120分で結果がわかります。
・新開発 熱安定性プロテアーゼKAPA Express Extractにより、短時間で効率良くDNAが抽出できます!
・阻害物質に耐性があるエンジニア酵素KAPA2G Robust HotStart ReadyMixで驚異のPCR増幅が可能!

仕様


【保存条件】
・-20℃で6か月

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

オーダー情報

  • 在庫あり在庫あり(6個以上)
  • 在庫わずか在庫わずか(1~5個)
  • 販売中止販売中止
  • お問い合わせくださいお問い合わせください
  • 在庫無くなり次第販売中止 在庫無くなり次第販売中止
  • 受注発注品受注発注品
  • 別途送料請求あり 別途送料請求あり
  • 返品不可返品不可
  • CPキャンペーン価格
  • ECEC going 特別価格

納期/出荷日について

納期/出荷日について

月曜~金曜(土日祝日除く)14:30迄に販売店様よりご注文いただき弊社倉庫に在庫がある場合、基本的には当日出荷させていただきます。
弊社倉庫に在庫がない、もしくは何らかの事情で当日出荷ができない場合は、弊社よりご注文いただいた販売店様へ納期のご連絡をさせていただきます。
※冷凍品(-20℃)に関しては、原則として休前日(金曜日など)の出荷を行っておりませんのでご了承ください。(一部販売店様向けを除く)

CatNo. メーカーコード・旧型番 概要 単位 価格 在庫 カートに入れる お気に入り
KK7153 7961685001 KAPA Mouse Genotyping Kit 100回用 お問い合わせください BPM
KK7154 7961693001 KAPA Mouse Genotyping Kit 500回用 在庫わずか BPM
KK7155 7961707001 トライアルキット KAPA Mouse Genotyping Kit
在庫なくなり次第販売中止品、お問い合わせ下さい。
10回用 在庫無くなり次第販売中止 BPM

EC going 及び BPM購入システムとは?
EC going FAQ

無料デモ・サンプル・その他お問い合わせはお気軽に

製品によってはサンプルのご用意が無い場合もございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

アプリケーションノート

SDS

FAQ

使用方法・
技術的内容

Jackson Laboratoryのマウスジェノタイピングのプロトコールに「Kapa 2G HS」酵素の記載がありますが、使用している酵素は「KAPA 2G Fast HS」ですか。それとも「KAPA 2G Robust HS」ですか。

大変恐縮ではございますが、こちらのプロトコールはJackson Laboratoryが独自で記載しておおりますため、弊社では、どの製品かという正しい情報が確認できておりません。以前、本質問をメーカーのKAPA社にも確認しましたが、Jackson LaboratoryがKAPA 2G FastとKAPA 2G Robustの両製品を使用しているため、それぞれのプロトコールに関して、KAPA社でも製品特定ができないとのことでした。大変申し訳ございません。

 

解決策として、弊社からのご提案は下記の通りでございます。

========================================================

[ご提案]

① お客様自身でJackson Laboratoryにお問い合わせいただく。

 

② 「KAPA 2G Fast HS」または「KAPA 2G Robust HS」を用いて、Jackson Laboratoryのプロトコールで検討していただく。

※この2つの酵素でもうまく増幅しない可能性も否定できませんのでご注意ください。

※※弊社といたしましては、酵素としてGCリッチ配列にも強い「KAPA 2G Robust HS」でのご検討をお勧めします。

 

③ 「KAPA Mouse Genotyping Kit」を用いて、検討していただく。

キット:KAPA Mouse Genotyping Kit

商品URL:https://www.n-genetics.com/products/search/detail.html?product_id=4412

※※※最適化が必要です

最適化の方法ですが、Jackson Laboratoryと同様に「MgCl2を添加して、MgCl2濃度を最適化」「PCRサイクルは、タッチダウンを使用」を行うことをお勧めします。

1件 /1件を表示

この製品に関するFAQ一覧

レビュー

5 5件のレビュー

レビューを書く

5.0

2019年06月20日

質の良いDNAが抽出されました

KAPA Express Extractの方が、質の良いDNAが抽出されました。
また、操作が簡便で、時間も短縮できました(1時間→30分)。
さらにKAPA2GRobustHotStart ReadyMixを用いることで、従来検出不能であった遺伝子が検出できました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「FFPEサンプルからのB細胞悪性リンパ腫のPCR検出」
⇒ ダウンロードはこちら

神戸市立医療センター中央市民病院 細胞遺伝子検査室 丸岡隼人様

5.0

2019年06月20日

操作が比較的簡便なため多数のサンプルを扱える点が優れている

受精後2ヶ月のメダカ幼魚からのヒレ、という非常に小さい組織片からでも200-300PCR反応分のDNA溶液を得ることが出来る点、そして操作が比較的簡便なため多数のサンプルを扱える点が優れており、このキットを選びました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「メダカ マルチプレックスジェノタイピング」
⇒ ダウンロードはこちら

国立遺伝学研究所小型魚類開発研究室 新屋みのり様

5.0

2019年06月20日

時間と費用を削減でき、結果の確実性も保てる

今回試した系統では、時間と費用を削減でき、結果の確実性も保てることがわかった。
当製品で使用できることが確認できた動物系統については、順次当製品に移行していきたい。
また、GCリッチなプライマーのPCR条件についてもよく走る。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウステールからのジェノタイピング」
⇒ ダウンロードはこちら

国内のお客様

5.0

2019年06月20日

実験経験の少ない学生(医学部1年生)でもミスなくジェノタイピングができました

ジェノタイピングのためのPCRで、KOのalleleを検出しています。
KapaBiosystems社キットでは、両キットとも非特異的な増幅が起こらず、結果が分かり易くなりました。
実験経験の少ない学生(医学部1年生)でもミスなくジェノタイピングができました。

(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「ノックアウトマウスのジェノタイピング」
⇒ ダウンロードはこちら

愛媛大学大学院医学系研究科 循環生理学 青戸守 様

5.0

2019年06月20日

マウス尻尾からのgenotypingについては非常に良くワークするものであると思います

我々が普段genotypingを行っているマウスの一系統について検討を行った結果です。
このサンプルはTa社製品ではかかりずらく、Tb社製品ではかかるため、普段は後者を用いてgenotypingを行っています。
今回はそれらをネガコン、及びポジコンとして、KAPA社製品を検討しました。
1ページ目のKAPA 2G Robust HS ReadyMix PCR Kitでは、WT, hetero, mutantについて、それぞれ3種類の酵素で検討を行っております。
WTとmutantではそれぞれ高さの違う所に1本、heteroではそれらが両方出ます。
マウスの尻尾からのゲノム抽出は、我々は普段行っているNaOHによる方法を用いました。
結果をご覧頂くと分かるように、KAPA 2G Robust HS ReadyMix PCR Kitはこれまで使っていた酵素よりもPCRのかかりが良い結果が得られました。
2ページ目のMG Kitについては、先ほどのheteroのサンプルについて、それぞれ3種類の酵素で検討を行っております。
マウスの尻尾からのゲノム抽出については、我々は普段行っているNaOHによる方法と、MG Kitの方法を検討しました。
その結果、MG Kitを用いて抽出、PCRを行ったものは一番PCRのかかりが良い結果が得られました。
また、NaOH抽出→MG Kitの酵素でPCRの場合にもPCRはかかりました。一方、MG Kitで抽出した際には、他のPCR酵素ではPCRはかかりませんでした。
以上より、KAPAの酵素及びKitは、マウス尻尾からのgenotypingについては非常に良くワークするものであると思います。


(日本ジェネティクスより)
こちらのお客様の事例(アプリケーションノート)は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。

「マウスジェノタイピング」
⇒ ダウンロードはこちら

国内のお客様

この製品に関するお問合せはこちら

各項目を入力していただき、入力が終わりましたら入力内容の確認ボタンを押してください。
*の付いた項目は必ずご入力をお願い致します。

ページトップへ