FAQよくある質問

DNaseIの保存条件を教えてください。

DNaseIは、輸送時には凍結乾燥された状態です。凍結乾燥状態では、常温で保管してください。
また、DNase I 懸濁溶液 (DNaseⅠ reconstitution solution)で溶解した DNaseⅠは、-20 ℃または4 ℃で保存してください。

 

溶解したDNaseIを-20 ℃で保存する場合、保存期限は溶解後9か月です。
ただし、凍結融解を繰り返さないために、適量ずつ分注して保存してください。

 

溶解したDNaseIを4 ℃で保存する場合、保存期限は溶解後6週間です。
ただし、コンタミネーションを防ぐために、適量ずつ分注して保存してください。

 

また、キットの使用期限を過ぎてしまった場合、製品の性能は保証されません。必ずキットの箱ラベルに記載されている期限をご確認の上、ご使用ください。

対象製品

回答日 2019年09月27日 製品仕様

このFAQは役に立ちましたか?

役に立った いいえ
0人が役に立ったと言っています

ご協力ありがとうございました。

ページトップへ