OUTLET MARKET FastGene Restriction Enzyme Eco47 I
研究用消耗品・研究用試薬・研究機器のアウトレット

DETAILS商品詳細

FastGene Restriction Enzyme Eco47 I

ファストジーン

FastGene Restriction Enzyme Eco47 I

正規型番:FG-Eco47Iアウトレット型番:OL-FG-4084
入数:800 units,10 units/uL

  • ワケあり
説明
期限切れ間近 or 直後の製品です(使用期限:2021年4月)。
2021年7月末まで掲載いたします。

正規品の情報はこちらをご覧ください。
リンク先のページが表示されない場合や、詳しい商品情報をお求めの場合はお問い合わせ下さい。

商品仕様

専用検索サイト 制限酵素Finder

 

高品質・低価格がコンセプトのFastGene™から制限酵素が新登場!

• 競合品と比較しても同等であることを実証済みです。

• 100種類以上の幅広いラインナップをご用意しています。

• ほぼ全ての制限酵素は、FastGene™ Fastcut Bufferの中で100%の活性を示すため、簡単にダブルダイジェストを行なうことができます。

制限酵素とは?

制限酵素は特定の認識部位またはその近くで二本鎖DNAを切断します。

制限酵素は、サブユニット構造、補因子の要件、および切断の特異性に基づいて、4つのタイプに分類されます。

特にタイプⅡの制限酵素は認識配列の部位でDNAを切断するため、実験に非常に役立ちます。

当社でお取り扱いしている制限酵素はすべてこのタイプⅡ由来のものになります。

制限酵素の種類

タイプⅠ
認識配列から離れたランダムな位置でDNAを切断します。
これらの酵素は、機能するためにATPとS-アデノシル-L-メチオニンの両方を必要とします。
(こちらのタイプは取り扱っておりません)

タイプⅡ

認識配列内またはその近くでDNAを切断します。
これらの酵素はATPを必要とせず、メチラーゼから独立しています。

タイプIIの酵素は、毎日の実験室作業に最も有用なエンドヌクレアーゼです。

当社でお取り扱いしている制限酵素はすべてこのタイプⅡ由来のものになります。

タイプⅢ

認識配列から約20〜25塩基対離れた位置でDNAを切断します。

これらの酵素は機能するためにATPおよびS-アデノシル-L-メチオニンの両方を必要とします。
(こちらのタイプは取り扱っておりません)

タイプⅣ
通常メチル化によって阻害されるタイプI〜タイプIIIとは対照的に、修飾された、典型的にはメチル化DNAのみを切断します。
(こちらのタイプは取り扱っておりません)

認識配列

すべての制限酵素は特定のDNA配列を認識します。
通常、認識配列はパリンドロームまたは部分パリンドロームです。
つまり、基本配列は同じ前後を読み取ります。
制限酵素は、二本鎖DNAを両方の鎖の中心で切断して「平滑末端(ブラント・エンド)」にするか、「突出末端(スティッキー・エンド)」と呼ばれる突出部を残して互い違いの位置にすることができます。


Double digestion

ベクターとインサートDNAは、2つの異なる制限酵素で切断することによりクローン化でき、2つの異なる制限末端を生成します。
この戦略により、ベクターがインサートなしでライゲーションされるのを防ぎ、セルフライゲーションの大幅な削減とクローニング効率の向上をもたらします。
当社の制限酵素のほとんどは、FastGene™ Fastcut Bufferで100%活性があるため、Double Digestionが簡単です。



各製品には以下のものが含まれています。

  • Reaction Enzyme
  • FastGene™ FastCut Buffer*1
  • 10X FastGene™ Buffer(TypeⅠ~Ⅳのいずれか)*2
  • Sterile Water
  • 6X DNA Loading Buffer


*1 FG-AccIII/FG-BalI/FG-Cfr9I/FG-PspGIにはFastCut Bufferがつきません。

*2 制限酵素によって添付されるタイプが異なります。

通常価格
¥ 5,000

80%OFF¥ 1,000(税別)

登録無料 会員限定キャンペーン複数実施中!

在庫 1
数量 

会員登録

この商品について問い合わせる