OUTLET MARKET KAPA HyperPlus Kit No-Amp
研究用消耗品・研究用試薬・研究機器のアウトレット

DETAILS商品詳細

KAPA HyperPlus Kit No-Amp

カパバイオシステムズ

KAPA HyperPlus Kit No-Amp

正規型番:KK8515アウトレット型番:OL-KK-3473
入数:96反応分

  • ワケあり
説明
期限切れ間近の製品です(使用期限:2019年3月)。

正規品の情報はこちらをご覧ください。
リンク先のページが表示されない場合や、詳しい商品情報をお求めの場合はお問い合わせ下さい。

商品仕様

特長

・ 断片化装置フリー
・ 約2.5時間での "DNA断片化とライブラリー調製"
・ 1ng~1μgで自在のDNAサンプルインプット量
・ 限界まで減らしたビーズ精製ステップ
・ PCRフリーのワークフローが可能に
・ 増幅バイアスの低減でシークエンスカバー率を向上
自動化に最適

断片化装置フリー。
自動化に適したワークフロー

KAPA HyperPlus Kitは、バイアスの少ない酵素による断片化を取り入れたことで、「自動化が難しく、高価な装置によるDNAの物理的な断片化」の必要がありません!
チューブ1本でのワークフローによりDNA断片化とライブラリーの作製が約2.5時間で可能
FFPEのような困難なサンプルも含め、幅広いDNAタイプとインプット量に対応
ヒトエキソームや微生物の全ゲノムシークエンスなど、多様なアプリケーションに適用可能
断片化酵素 KAPA Frag は単品販売もございます。

▶▶ テクニカルデータシート2015<04> KAPA HyperPlus Kit の断片化性能評価試験


サイズ調節が可能で再現性の高い酵素による断片化

断片化時間の違いによりライブラリーインサートサイズを150~800bpで調節可能
インサートサイズは、さまざまなGC含量とDNAインプット量において再現可能


優れたライブラリー収量そして品質

インプットDNAをシークエンス可能なアダプターライゲーション済みのライブラリーに変換する割合(変換率%)は、ライブラリー作製の主要な測定基準ですが、結局はライブラリーの多様性と品質を決定づけるものです。

プロトコルの最適化による優れた変換率
幅広いDNAインプット量で優れた性能
高いライブラリー収量によりPCRフリーのワークフローが可能(最低50ngの初発量から)


上質なシークエンス結果を可能に

高い変換率により少ない増幅サイクルと低い複製率(Duplication Rate)を実現
優れたライブラリー多様性とより均一なシークエンスカバー率により、低頻度の突然変異を高い信頼性をもって検出

最少バイアスのシークエンスカバー率

タグメンテーションや他の酵素による断片化方法に比べて、少ないシークエンスバイアス
物理的断片化と同等の性能
少ないバイアスがより均一なシークエンスカバー率の実現とシークエンス費用の削減

最新プロトコール SeqCap EZ HyperCap

 SeqCap EZターゲットエンリッチメント・システム(ハイブリダイゼーションキャプチャー技術に基づいたシステム)のライブラリー調製ステップにおいてKAPA HyperPlus (または HyperPrep Kit) を採用する事による、ワークフロー全体の劇的な時間短縮を実現した効率的なプロトコール SeqCap EZ HyperCapがリリースされました。

本ワークフローは、アプリケーションに特化した効率的かつ合理的、そして自動化にも最適なアプローチです。

▶▶▶SeqCap EZ HyperCap ワークフローのカタログ(英語)はこちら

関連製品

FastGene Adapter Kit(イルミナ用)
・アダプター濃度が既知(30μM)のため、インプットサンプル量に応じたライゲーションの最適化が可能です
・KAPA Library Quantification Kitを用いてアダプター付加済みライブラリーDNAの定量を行うことで、製品のQCとしています

HyperCap Reagent Kit
・ハイスピード、ハイパフォーマンス、イージーワークフローの「HyperCapプロトコール専用キット」
・バリデートされた96 indexアダプターキット
・ユニバーサルブロッキングオリゴで多検体処理にも対応

参考情報

金沢大学 医薬保健研究域医学系 革新ゲノム情報学分野 細道一善 様よりご提供いただいた
「ヒト末梢血からのターゲットキャプチャーシーケンスライブラリーの全自動調製」に関するアプリケーションデータは、本ページ上部「アプリノート」タブ内よりダウンロードいただけます。


下記から詳細プロトコールもご覧いただけます。

Library Preparation workflow using automation system of Biomek NXP
▶▶ 詳細プロトコールはこちら

 

 

関連動画

Cancer Research Challenge / がん研究におけるターゲットエンリッチメント・シークエンスとそのライブラリー調製(AACR 2017にて)

 

動画再生はこちらから

優れたライブラリー収量インプットDNAをシークエンス可能なアダプターライゲーション済みのライブラリーに変換する割合(変換率%)は、ライブラリー作製の主要な測定基準ですが、結局はライブラリーの多様性と品質を決定づけるものです。
●プロトコルの最適化による優れた変換率●幅広いDNAインプット量で優れた性能●高いライブラリー収量によりPCRフリーのワークフローが可能(最低50ngの初発量から)


KAPA HyperPlus Kit
【キット内容】
●KAPA Frag Enzyme
●KAPA Frag Buffer(10X)
●KAPA Frag Conditioning Solution
●End Repair & A-Tailing Buffer
●End Repair & A-Tailing Enzyme
●Ligation Buffer
●DNA Ligase
●KAPA HiFi HotStart ReadyMix (2X)*
●Library Amplification Primer Mix (10X)*

*PCR酵素なしのキットには
含まれておりません。


・保存条件: 冷凍(-20℃)
・使用期限: ラベルに記載の期限まで(製造日より6ヶ月間)

KAPA Adapter Kit(イルミナ用)
【仕様】
濃度 30μM
容量 24インデックス 各20μl (Index No. 1-16、18-23、25、27)

・保存条件: -20℃
使用期限: ラベルに記載の期限まで

※ご注意:性能に影響するため、氷上でご使用いただくなど、出来る限り室温より低い温度でお取り扱いください

通常価格
¥ 420,000

33%OFF¥ 283,000(税別)

登録無料 会員限定キャンペーン複数実施中!

在庫 0
数量 

会員登録

この商品について問い合わせる