NGSライブラリー調製キット(LP Kit)

HTP NGSライブラリー調整(LP)キット (for illumina)(KAPA HTP Library Preparation Kits (for illumina))

試薬 >> 次世代シーケンス(NGS)関連試薬 >> NGSライブラリー調製キット(LP Kit)

  • 製品概要
  • 仕様
  • 製品カタログ
  • 取り扱い説明書
  • アプリノート
  • FAQ
  • MSDS
  • お知らせ

概要 お気軽にお問い合わせください

◆illumina社シークエンサー向けライブラリー調製の多検体処理・自動化に最適なキット !!

特長

・ 自動化に最適なフォーマットの96回用(HTP)、マニュアル対応可の8回用および48回用(LTP)をご用意しました。
・ 独自の” With-bead”プロトコールで、エンドリペア、A-テーリング、ライゲーションを一つのチューブ内で行い、
DNA回収率を向上
・ 少量インプットサンプルにも適用可能(100ng – 500ng)
・ 精製度の高いライゲースにより、アダプターライゲーション効率を向上
・ ハイフィデリティーエンジニア酵素使用 (KAPA HiFi)で増幅時のバイアスを低減し、シーケンスカバー率を向上 (KK8234)
・ 自動化による時間短縮に加えて、磁気ビーズやチューブ類のコスト削減を実現

関連製品

・ Illumina社用 NGSライブラリー調製(LP)キットはこちら
・ Ion Torrent™用 NGSライブラリー調製(LP)キット for IonTorrent™はこちら

・ FastGene™ MagnaStand (微量サンプル用マグネットスタンド)
チューブに当てるマグネットの位置が調節可能な、強力磁石を使用したマグネットスタンド。
Agilent Bravo NGS 自動化システムにおいても推奨されています
Agilent Bravo NGS 自動化システム カタログ1
Agilent Bravo NGS 自動化システム カタログ2

 

ロシュ社SeqCap実験用に当製品をご使用されるお客様へ

2016年3月31日までロシュ・ダイアグノスティックス株式会社にて販売しておりましたライブラリー調製キットは、一部販売中止もしくは型番が変わり弊社にて販売しております。
詳しくはこちらのご案内をご覧ください。

仕様 お気軽にお問い合わせください

【キット内容】
●エンドリペア酵素ミックス          : 600uL
●10x エンドリペア バッファー with dNTPs   : 1.2mL
●A-テーリング酵素              : 360uL
●10x A-テーリング バッファー          : 650uL
●DNAライゲース                : 600uL
●5x ライゲーションバッファー           : 1.3mL
●2x KAPA HiFi Hot-Start ReadyMix        : 3mL (KK8234のみ)
●PEG/NaCl SPRI Solution           : 40mL

*アダプターは含まれておりません。
*磁気ビーズ”AMPure XP”は含まれておりません。

【保存条件】
●-20℃で製造日より1年間保管できます。

製品カタログお気軽にお問い合わせください

KAPA_NGSライブラリー調製キットHTPLTP(イルミナ用)/日本語
公開日:2017年04月17日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:1.14 MB
ダウンロード

取扱説明書お気軽にお問い合わせください

KAPA Library Preparation Kit LTP/英語
公開日:2017年02月21日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.3 MB
ダウンロード
KAPA Library Preparation Kit HTP/英語
公開日:2016年09月26日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.53 MB
ダウンロード

FAQお気軽にお問い合わせください

このキットは、KK8200 KAPA NGSライブラリー調製キット と同等(包装容量の違い)製品でしょうか?
違いについて教えていただけますでしょうか?
(反応原理、酵素等組成の他、初発ゲノム量、反応容量、反応時間に違いがあるようでしたら挙げていただけると助かります)。
本キットは、「KK8200 KAPA NGSライブラリー調製キット」をベースとし、自動化およびハイスループット化を目的に改良を加えたキットになります。(ですので、単なる包装容量違いのキットとはなっておりません。)

基本的な原理(End Repair、A-tailing、Adapter ligation、Library Amplificationに使用する各酵素の種類や反応原理)については、ベースのキットと同じです。(ただし、自動化におけるデッドボリュームを想定した梱包試薬量になっております。)
一方、条件(例えば初発ゲノム量など)に合わせて設定できるなど、プロトコールが改良されています。
特に、精製プロトコールは大きく異なっております。

より詳細につきましては、弊社テクニカルスタッフからご説明させていただきます。

MSDSお気軽にお問い合わせください

Kapa Library Preparation Kit/英語
公開日:2013年04月02日
ファイル形式:pdf
ファイルサイズ:0.1 MB
ダウンロード

オーダー情報

在庫有り(6個以上) 在庫わずか(1~5個) お問い合わせください 受注発注品 別途送料請求あり 在庫無くなり次第販売中止 販売中止 返品不可
CatNo. 旧型番 概要 単位 価格 在庫
LTP(ロースループット)キット
KK8230 07137923001 / 07961863001 LTP(ロースループット)キット / 8反応分 1キット ¥42,000
KK8232 07137974001 / 07961880001 LTP(ロースループット)キット / 48反応分 1キット ¥205,000
HTP(ハイスループット)キット
KK8234 07138008001 / 07961901001 HTP(ハイスループット)キット / 96反応分 1キット ¥380,000

この商品を見た人は、他にもこの商品を見ています。

ページの先頭へ戻る

Copyright(C) NIPPON Genetics Co, Ltd All Rights Reserved.